不動産購入は住宅情報をよく調べるのが大事

Pocket

●住宅情報誌に目を通そう。
あるいは、毎週発売される各種住宅情報誌も必見です。不動産の価格というものは、慣れないうちはそのケタも大きく、日々の動きもよくわからないものですが、習慣的に見慣れてくると、動きが読めるようになってきます。
あるいは自分の狙う沿線別の不動産の動きやその特色、駅によっての値段の違いというようなものが、はっきりと識別できるようになるわけです。こういう日常的な努力を経て、具体的にビジュアライズしてほしい点は、次の五点に集約されます。

住宅情報誌

●具体的にイメージすべき五つのポイント。

・どこに~マイホームが欲しいのか。
仕事との関係、子供の教育、生活のパターン、親族とのかかわり等、さまざまな要素がこれには関わってきます。当然都心に近づけば価格は高くなり、遠のけば通勤時間が増します。そのバランスを考えて、安いからといってあまり遠距離にしないこと。毎日の通勤時間の増加は想像以上に体力を消耗するものです。

・どれくらいの~物件が欲しいのか。

夫婦二人暮らしなのか、子供がいるのか。将来子供を作る予定はないのか。親との同居も考えているのか。さまざまな点からこの間取りを考える必要があります。毎日の生活の場なのですから、当然陽当たりも大切な要素ですし、生活スペースにも余裕がなければいけません。

・いくらくらいの~物件をイメージするのか。
一生を考えて最終的なマイホームとするのか、途中の段階的な家とするのか。一生かけてローンを支払おうとするのか、あるいは子供との二世代ローンにするのか、慎重に考えてその規模を決めることです。金融機関からの借入は、だいたい年収の四倍程度が限度とされています。
しかし、工夫次第でそれも引き上げることができますし、親から担保を借りたりすることで凌げる場合もあるでしょう。もちろん、高すぎる物件に手を出すとローンで苦しむことになります。三〇〇〇万円台前半で、とか、四〇〇〇万円台までなどと。おおよその値段のレベルを考えておくべきです。

・頭金はいくらあるのか。
マイホームを購入する際に、最も大切なのは頭金の調達です。手元にある貯金、会社から借りられる住宅ローン、有価証券、あるいは他の不動産。それらを総動員して頭金の額をはじき出してみてください。もちろん、多いに越したことはありませんが、いざマイホームが実現してから手元に財産がまったくなくなってしまったのでは生活に不安が残ります。次に述べるローン支払いとの相関を考えて、適切な額に設定することです。このあたりの相談は、やはり専門家にしたほうが安心でした。

マイホーム

・ローン支払い額。
をどれくらいに設定するのか。毎月の定期収入はある程度算出できるはずですから、そこから住宅ローンにどれくらい支払うことができるのか、冷静に考えてみてください。だいたい給料の三割がその限度といわれているようですが、マイホーム獲得を期にアルバイトを始めるとか、奥様が働きに出るとか、多少の収入増を考えることもできるでしょう。いずれにしても、毎月の生活費を細かく分析してみて、その限度額を計算することです。
このとき注意が必要なのは、マイホームを目の前にすると往々にして無理なローン設定をしがちだということ。いざ支払いが始まってから慌ててもたいへんですから、できるなら無理なく設定することがポイントです。とはいえ、不動産とはいつの時代にも高値がつくもの。当初三~五年間は支払いにアップアップしても、それを過ぎると意外に簡単になるものだということも、覚えておいてほしいと思います。


都内で賃貸マンションを探しているなら,小岩周辺で探してはどうでしょうか?小岩は江戸川区にあり,葛飾区や千葉県の浦安市などに隣接している区です。
総武線や京成本線が通り,東京駅や秋葉原駅,上野駅方面に通いやすいエリアです。小岩は,総武線小岩駅と京成小岩駅があるので,使い分けができると便利ですね。また総武線小岩駅周辺には,商店街が多くあり,懐かしい雰囲気も漂わせていますし,お買い物環境も優れています。さらに少し歩くと,江戸川が流れているので,広々とした風景が広がり,河川敷も整備されていて夏は夕涼みやゴルフの練習,ジョギングなどに活用されています。そんな江戸川区でも小岩は西側に比べると賃料もお手頃になるので,素敵な住環境に移るのも良いかもしれません。小岩エリアの賃貸マンションは,かなり暮らしやすそうです。

この前仕事の関係で、文京区の賃貸物件へ引越すことになりましたが,静かで居心地のいいエリアが文京区ないにはあるので,私は住みやすい街だと感じています。
とくに六義園は春には桜が綺麗で、秋の紅葉もかなり素敵で四季をしっかりと感じることができ良いスポットだと思ってます。
休日などに散歩してるのですが,とてもさわやかな空気を感じることができ気に入っております。治安も良く都会の雑多な環境よりものんびりとした環境で過ごしたい方はきっと気に入ること間違いナシです。
山手線の内側で,自然を楽しめるようなエリアはあまりないような気もするでしょう。
東京ドームなどもあるのでスポーツの観戦によく行く人も住んでみてもオススメです。ぜひ、文京区で賃貸物件を借りて新しい生活を始めましょう!

老若男女問わず人気の世田谷区。世田谷区は,23区の南西部に位置したエリアです。また,23区の中で一番多くの人が生活しているエリアでもあります。区全体として,住宅街として形成されているので,多くの一戸建て物件が揃っています。
そんな世田谷区で新築一戸建ての購入についてかんがえませんか?二子玉川などの下町情緒溢れるエリアとなっているため満足いく生活を送ることができます。
気になる方はぜひ一度世田谷区の新築一戸建て情報について確認しませんか?