最初の不動産を購入するまで

Pocket

今まで述べてきたことも含めて、ここで再びこの計画を整理してみたいと思います。具体的な事例や今までの解説を思い出しながら、ご自分のケースと照らし合わせてみてください。

不動産

①計画を立てる。
自分は何のために不動産を手に入れようとしているのか。何のために資産を築こうとしているのか。明確な目標設定が必要になります。「将来独立するための資金作り」「四〇歳から田舎で自然に囲まれて暮らすことができるように」等、目標はより具体的なものが必要です。実際に紙に書き出し、目につくところに貼り出して、日々の暮らしの中でそれを修正しながら自分の目標とする努力を続けてください。

→・動機付けを徹底する目標ができたらそれを貼り出すだけでなく、友人や両親、あるいは恋人や妻にとにかく語ることです。そうする中で、自分の気持ちをしっかりと固め、動機を確かなものにすることができます。夢が実現したときの理想像を書き出し、さらに次の高いレベルの目標も夢想してみること。常に充実した人生であるように、目標をレベルアップしていくことです。

→・自分の現状を認識する。
目標に対して現在の自分はどの位置にいるのか。自分の経済面の状況はどうなのか。冷静に計算してその数字を認識してほしいと思います。銀行に残高はないけれど、会社の信用はある。あるいは会社から○○万円だったら借りることができる。株はどうだ、ゴルフ会員権はどうだ、あるいは両親の担保能力はどうだ、等々、さまざまな角度から自分に光を当ててみてください。意外な発見もあったりして、これはかなり面白い作業になるはずです。

→・出費、収入予定を計算する。
車を買いたい。結婚もしたい。海外にも行きたい。イタリア製のスーツも欲しい。いろいろな消費欲求があるはずです。そうした欲求は誰でも当たり前に持っているものなのですから、それをむげに否定するのではなく、そうしたものにそれぞれ優先順位をつけてみることです。
資産の獲得は車よりも上位にくるのか。あるいは下位にくるのか。それによって資金計画も大きく異なります。現在の収入で無理なら、それをカバーする収入計画も立てなければならないでしょう。いずれにしても入ってくるパイと、出ていくパイのバランスは取らなければならないのですから、何を最優先にするのか、その一点にこの計画はかかっているともいえます。

→・意思を強くする。
私か初めてSMIと出会ったときは、感激のあまり毎日の通勤の車の中で繰り返し繰り返し飽きもせずにテープを聴いたものです。今考えれば、あのときあんなに成功学習にのめり込めたのは、あの連続したテープのお蔭なのかもしれません。とにかく目標が立ったらそれが身体に馴染むように、繰り返し反復してみること。意思=モチベーションの強さ一つで、目標の実現は近づいたり遠のいたりするものです。

②収入を増やす。

資産獲得のための第一関門は、三年間で三〇〇万円の頭金を貯めることだと述べました。あるいは人によっては五年間で五〇〇万円でもいいでしょう。とにかく資産を作りたい、言い換えればフローの経済からストックの経済に乗り換えるわけですから、具体的な収入増、あるいは収入の蓄積がなされなければなりません。給料天引きでもいいしアルバイトをして副収入を集めてもいいし………。自分なりの方法を探ってみてください。

→・貯金は給料天引きで。
「毎月の貯帯をどの金融商品に投資するか。中国ファンドがいいか公社債投信がいいか、あるいはスーパーMMCにするか……」最初からそんなことを考えてはいませんか。ここで大切なのは毎月の積立てができるか否かということ。まず給料の天引きから始めてみることです。できれば最初の段階から銀行に出かけ、自分の目標を話した上で将来的なバックアップを取りつけること。途中で挫折すれば同時に銀行からの信用もなくすわけですから、しゃかりきにならざるを得ないはずです。

銀行

→・貯蓄方法を再検討するそうしてスタートし、一〇〇万円程度貯まったところで金利の再検討をします。
中国ファンドやワイド、一時払い養老年金等、さまざまな商品が市場に出ています。それらのメリット、デメリットをよく検討して三年間で三〇〇万円、五年間で五〇〇万円の目標に少しでも近づくように、工夫してみることです。

→・節約を心がける。
頭金計画がスタートしてある程度お金が貯まってくると、あまり浪費もしなくなり倹約した生活ができるようになるはずです。それでも時折、悪魔の囁きのように海外旅行だの新しい洋服だのが欲しくなるときがあります。何でもかんでも我慢していたのでは精神衛生上よくありませんから。
たとえば年二回のボーナスのうち一回は何かに使ってしまうとか、毎月これだけは贅沢してもいいことにするとか、一定の逃げ道を用意しておいたらいかがでしょうか。いずれにしても、大きな目標に向かって前進しているのですから、細かい誘惑は自ずと遠のいていくはずです。

→・副収入を増やす。
目標達成を早めたいならば、やはり副収入の道を模索することも必要かもしれません。サラリーマンの方のアルバイトというのはなかなか難しいものですが、残業でがんばったり土日を使ったりして収入を増やす努力をしてみてください。季節により御中元や御歳暮の宅配、あるいは運転代行等、いろいろな仕事があるものです。あるいは家庭でできる仕事としては、ワープロ入力、コンピュータのソフトプログラミング等もあるでしょう。もっとも、目標達成を焦るあまり身体を壊しては何の意味もありませんし、焦って精神的に貧困になってもいけませんから、無理にこの道を進む必要はないと思います。


日本で東京についで二番目の規模を誇ったエリアといえば,大阪府ですよね?そんな大阪での生活に憧れている人も多いのではないでしょうか。しかし,関西地方の都心でもある大阪だから,賃料が心配になってくるかもしれません。しかし安心してください。大阪は同じ都心部の東京と比べても家賃相場はかなり安めに設定されているのです。
これで、家賃の心配は解消されましたが,ここで不安になるのが治安面。大阪の治安についてあまり良い印象を持っている人は少ないでしょう。しかし,それは,本当にごく一部だけで,ほとんどのエリアはそれほど身の危険を感じるなんてことがありません。そんな大阪で賃貸マンションをみつけて暮らしませんか?
大阪市を始めとした数々の都市に賃貸マンションが立地しているので,気にいりの物件を見つけれること間違いナシです!

神奈川県は,都心に近いことからベッドタウンとしても機能しています。暮らしたい街としての人気も高く永住するなら神奈川県!と決めている人も中にはいるのではないでしょうか。そんな神奈川県は賃貸マンションが多いのも特徴的です。ベッドタウンと言う事がマンションが多い理由として挙げられます。そんな神奈川県にあるロイヤルタワー横濱鶴見は鶴見駅から徒歩1分というとても立地環境の良い物件です。設備条件も整っているので,快適な新生活をスタートすることができるでしょう。お引越しを検討している方はロイヤルタワー横濱鶴見はおすすめですよ。

神奈川県の真ん中に位置している平塚市で新しい生活をスタートしませんか?
平塚市は定住を考えるには本当に暮らしやすいし治安のいい街なんです。
地形はなだらかな地形が広がっており,関東でも温暖な気候であることから自然も多く残っており,落ち着いた雰囲気を生活の中から感じる事も出来ますよ。
また,交通アクセスの利便性にも優れており,国道を利用すれば周辺のエリアへ容易にアクセスできます!
そんな平塚市に新築一戸建てを購入して新生活をスタートさせましょう!