マイホーム購入と頭金作戦

Pocket

●頭金がなければ勝負にならない。
「私も五年前までは賃貸のマンションに住んでいたのですが、仲人をしていただいたK先生のアドバイスで、思い切って昭和六〇年に一〇〇万円を頭金として北品川に一三〇〇万円で中古マンションを買ったのです。運よくその二年後には地価高騰の波が押し寄せて、それを三三〇〇万円で売却。東品川の三四〇〇万円の物件に移りました。今ではその時価は五三〇〇万円くらい。あのとき思い切って買っておいて本当によかったと思っています」これはある月刊誌のインタビューに答えて私の友人が語っている言葉です。

マンション

なにも自慢したくてここに紹介したわけではないのですが、この人は若干三〇歳にして五〇〇〇万円の財産を手にすることができたのです。文中”頭金一〇〇万円”という部分、”総額一二〇〇万円のマンション”という部分が今ではウソのような数字ですが、つい五~六年前までは都内でもこういう物件があったわけです。とはいえ、ここで再び地価の高騰を嘆いてみても始まりません。

今では頭金一〇〇万円ではどうしようもありませんが、当時としてはこの額もまた今より数倍の価値があったわけです。ここで私か言いたかったのは、いつの時代でも頭金を揃えるのはたいへんだということ。そしてそれを乗り切った人にだけ、不動産のメリットは微笑むのだということ。マイホームが欲しい、財産が欲しいというのであれば、まず頭金獲得を目指して汗を流してみることです。

●頭金は購入物件価格の二割が目安!?

「でも………、頭金というのは普通、物件の二割が相場なんだから、四〇〇〇万円の物件をイメージすると八〇〇万円用意しなければならないわけで……。そんな大金どうやって貯めればいいんですか」たしかにその通り。金融機関等へ行って不動産購入の相談をすると、目指す物件の二割を目標に頭金を貯めてほしいと言われるに違いありません。

金融機関

しかし、実際に不動産売買の現場に行ってみると、頭金が潤沢にあるという人はそうそういないというのが現状です。少ない頭金を握りしめ。なんとか物件を手にしようと虎視眈々と狙っている。そしてそういう人が実際に不動産を購入しているのですから、頭金とは実際の現金プラス、その人の財産にかける執念ともいえるのかもしれません。


お家の外壁塗装を検討している時にガイナという塗料に出会いました。
このガイナ塗料,普通の塗料と比べて凄い点がいくつもあっておどろきました。例えば,断熱効果がすごく夏などの家の中が涼しくなったと感しています。実際にエアコンの設定温度も低くすることができました。
節電にも効果が発揮されていますといえますね。熱だけでなく遮音効果もあり飛行機の音や大型トラックの音が家の中まで響くこともなかったので、夜中でも静かに暮らすことができています。
それだけでなく,普通の塗料よりも耐久年数が長く高い品質を保たれており,長い間快適に過ごすことが可能です。
外壁塗装なんて気軽に出来るものではないですが,一回塗ってしまえば10年ほどもつガイナ塗料はかなり優れ品ですね。必ず満足できる商品だと思います。

将来的には親を介護する時がやってきます。しかし,自分で介護するってなると色々と大変ですし、どうやっていいか分からないですよね?そこで,介護のプロの人たちに任せてみませんか?世田谷区には老人ホームが立地しています!世田谷区は高級住宅街として形成されていて,ゆったりとした生活を送ることができるエリアなんです。
また,世田谷区は交通アクセスにも優れているので,親にもしものことがあっても直ぐに駆けつけることができるので,かなり便利なんです。
もし今、親の介護で困っているという人がいましたら,ぜひ世田谷区で老人ホームを見つけませんか?